MENU

メリークロケット殺人事件の犯人と真相ネタバレ!アメリカ22歳シングルマザー刑務官と禁断の恋【衝撃ファイル】

メリークロケット殺人事件の犯人と真相ネタバレ!アメリカ22歳シングルマザー刑務官と禁断の恋

2022年6月14日(火)放送の『世界が騒然!本当にあった(秘)衝撃ファイル』では2007年にアメリカ・ウエストヴァージニア州で起きた22歳シングルマザー・メリー殺人事件が取り上げられます。

3歳の娘を持つ22歳のシングルマザー・メリーは事件を起こし刑務所に収監されていたが、そこで出会った新人の刑務官クリス・ハーレスと禁断の恋に…!
二人は許されない関係だったが、婚約。
しかし、メリーとクリスが同棲を始めてすぐにメリーが何者かに殺害されてしまう。
メリーはなぜ殺されたのか?犯人はいったい誰なのか…?

今回は、世界が騒然!本当にあった(秘)衝撃ファイルで取り上げられた22歳シングルマザーのメリー・クロケット殺人事件の内容をネタバレ。

事件の真相についてまとめていきたいと思います。

目次

メリー・クロケット殺人事件の犯人は?22歳シングルマザーと刑務官の恋ネタバレ

メリー・クロケットは3歳の娘を持つ22歳のシングルマザーだったのですが、傷害の罪で刑務所に収監されていました。

その刑務所には新人の刑務官である24歳のクリス・ハーレスが勤務しており、二人は恋に落ちます。

しかしメリーもクリスも子持ちの既婚者。

受刑者と刑務官という間柄で不倫という関係は許されるはずもなく、メリー・クロケットはクリスのいた刑務所から別の刑務所に移されてしまいます。

その距離は車で4時間かかる離れた場所だったのですが…

目次
閉じる