MENU

フィーノ(資生堂)生産終了はなぜ?いつ回収されたのかやヘアマスクの後継を調査!

フィーノ(資生堂)生産終了はなぜ?いつ回収されたのかやヘアマスクの後継を調査!

ヘアケア商品で長らくロングセラーとなっている資生堂のヘアマスク「フィーノ(fino)」

なぴ

香りもいいし値段も手頃なので、学生時代からずっと愛用している!という方も多いのではないでしょうか。

そんな資生堂のフィーノ(fino)に生産終了の噂があるのを発見。

これは由々しき事態ですよね…。

今回は資生堂のヘアマスク「フィーノ(fino)」の生産終了について、

  • なぜ生産終了したのか?
  • フィーノが回収された件と関係があるのか?
  • フィーノ(fino)の後継品は発売されたのか?

について調査していきたいと思います!

目次

フィーノ(資生堂)生産終了はなぜ?時期はいつだったのか調査!

資生堂のヘアマスク「フィーノ(fino)」が生産終了したという噂がありますが、

  • なぜ生産終了したのか
  • いつ生産終了してしまったのか

気になりますよね!

結論から言うと、資生堂のヘアマスク「フィーノ(fino)」は生産終了していません!(2023年2月19日現在)

が!

フィーノ(fino)のシャンプーは生産終了しています!!!

商品が違うので1つずつ生産終了の理由や時期をチェックしていきますね。

資生堂フィーノのシャンプーが生産終了した理由はなぜ?時期はいつ?

資生堂のフィーノ(fino)は、2004年ごろにシャンプーとコンディショナーが発売されていました。

なぴ

今から20年前くらいの話…!

フィーノのシャンプー&コンディショナーは『プレミアムタッチ』というシリーズで、

  • さらさらスムース
  • しっとりモイスト

と、髪質によって2種類のタイプが選べました。

私も使ってたな〜と懐かしく思いましたが、そういえばいつの間にかなくなっていましたね。

生産終了時期を公式サイトを含めて調べてみましたが、公表せずにひっそりと撤退していたみたいなんです。

今ではかなりのプレミア価格…^^;

生産終了時期がいつだったのか気になったので、もう少し調べてみると…

2014年にドラッグストアで見かけなくなり、生産終了したのでは?という噂があった

という情報を見かけましたので、2015年には完全になくなっていた可能性が高いですね。

今ではフィーノのヘアマスクがかなり人気なので、なぜシャンプーが生産終了したのか気になる方が多いと思いますが…

理由としては、資生堂の他のヘアケアブランドに力を入れようと思ったからではないかと推測します!

資生堂ではフィーノのシャンプーと同時期くらいに

  • マシェリ
  • TSUBAKI
  • シーブリーズ

など今でも人気のあるヘアケアブランドが立ち上がりました。

なぴ

今でも人気のヘアケア商品ですね!!

TSUBAKIは2006年に販売されましたが、資生堂のブランドシンボルである「椿」をかかげ、CMにもかなりお金をかけていたイメージ。

CMソングにはSMAPの「Dear WOMAN」が使われ、SMAPの冠番組でも毎回TSUBAKIのCMが流れていた記憶があります。

資生堂史上最高の金額を投資してTSUBAKIは作られたそうなので、商品はどんどん改良され、売上もどんどん上がっていったんでしょうね。

このことから、フィーノは売上の良かったヘアマスクのみに力を注ぐことに決め、シャンプーとコンディショナーは生産終了に至ったのではないかと思います。

資生堂フィーノのヘアマスクが生産終了と噂される理由

資生堂のフィーノは以前、シャンプー&コンディショナーが発売されていました。

シャンプーは生産終了になってしまいましたが、ヘアマスクは今でも大人気商品ですよね。

フィーノのヘアマスクもたびたび生産終了の噂が上がりますが…

原因としては

SNSでフィーノが度々バズる → ドラッグストアからフィーノが消える!

ということが多々起きるからだと考えられます。

私はヘアケア商品をローテーションしているのですが、たまに「フィーノに戻すか!」と思ってフラっとドラッグストアに行くと…

なぴ

いつも置いてある場所にフィーノがない!もしかして生産終了?なんて思うことがありました。

なくなったら困る!という方が不安な気持ちで「フィーノ生産終了」を検索してしまうからこのような噂が絶えないんでしょうね…!

資生堂フィーノは生産終了していないけど、回収されたことはあった!

資生堂のヘアマスク「フィーノ(fino)」について調べていると、回収されたことがあるという情報を見かけました。

商品が回収されたと聞くと、何か問題が起きて回収→生産終了という流れが思い浮かびますが…

内容をチェックしてみると、一部香料の違いがあり自主回収されたそうで品質や健康状態に影響のあるものではなかったそう。

なぴ

なので生産終了とは関係なさそうです!

ちなみにフィーノ(fino)の回収がされた時期は、平成19年1月のことなのでかなり前の話ですね。

対象商品は

  • フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク
  • フィーノ パーフェクトケアセット(さらさらスムース)
  • フィーノ パーフェクトケアセット(しっとりモイスト)

の3商品でした。

資生堂フィーノの後継品は?

資生堂のフィーノはシャンプーが生産終了、ヘアマスクはまだ現役で発売されていますが…

代替となる後継品はあるのでしょうか?

資生堂フィーノのシャンプーの後継品は?

一番気になるのは生産終了してしまったフィーノのシャンプーですよね。

フィーノというブランドはまだ残っているので、正式な後継品と呼べるものはないと思うのですが…

なぴ

後継品の例を挙げるならやはり『TSUBAKI』でしょうか。

同じ会社から発売されているので、どこか香りが似ているという口コミもあります。

成分的な面で見れば、今発売されているものの方が良質なものを使っていると思うので…

まだTSUBAKIを使ったことがないという方や、昔使っていたという方も今一度使ってみるのがおすすめです!

資生堂フィーノのヘアマスクの後継品は?

資生堂のフィーノ(fino)は生産終了していないので、実際に後継品と呼んでいいのかはわかりませんが…

2021年に『フィーノプレミアムタッチ浸透美容液オイル』が発売されましたよね!

なぴ

ヘアマスクのフィーノの代わりとなる後継品をあえて出すなら、この新発売されたオイルになるのではないでしょうか。

このフィーノの美容液オイルも、発売される前から話題沸騰で発売日にドラッグストアに駆け込もうと意気込んでましたが…

どこにもなくてびっくりした思い出が。笑

その後何件も回って残り1本をゲットしたので、フィーノ(fino)の人気の高さを再認識しました。

資生堂フィーノの生産終了はなぜのまとめ!

今回は資生堂のフィーノ(fino)の生産終了について調査しました!

資生堂のフィーノは

  • シャンプー&コンディショナー → 生産終了
  • ヘアマスク → 販売中

という状況でした。

シャンプーについては生産終了からかなり時間が経っていて、後継品と呼べるアイテムが販売されていませんが…

資生堂はTSUBAKIにかなり力を入れているので、同じような使用感を求めているのであれば『TSUBAKI』がおすすめ!

フィーノと全く同じ香りのシャンプーはなかなか見つけることができないので、ヘアマスクとオイルを使えば香りをより一層引き立てることができると思います。

目次